シミの種類に応じた対策を正しく行うと美肌を手に入れる事が出来ます

先生

レーザー治療で肌質改善

照射

肌のトラブルやアンチエイジンは美容皮膚科で治療する事が出来ます。しみやしわの改善や毛穴のトラブルを様々な方法で治療します。例えば美容皮膚科で治療出来るしみには4種類の種類があります。日光性のしみ、肝斑、ADM、雀卵斑は美容皮膚科で治療する事が出来ます。それぞれに合った方法で治療に取り組んでいきます。日光性のしみは紫外線によるダメージで皮膚のターンオーバーが正常に機能しなくなる事が原因です。紫外線を受けた皮膚は色素沈着を起こししみになります。肌のターンオーバーを正常に促す方法としてはレーザー治療や外用剤治療が効果的です。美白効果が高いハイドロキノンを含んだ外用剤をしみが発生している部分に塗布する事で新たな皮膚の再生力を高めます。

肝斑の治療を美容皮膚科で行う場合、レーザー治療と外用剤治療で治療していきます。日光性のしみと違い強いレーザーで治療を行うと炎症の原因になってしまうので、優しい照射のレベルで治療していきます。外用剤治療ではトランサミンの内服が肝斑には有効的です。又、肝斑による色素沈着に効果的な点滴を併用して打つ事で改善が早くなる事もあります。

ADMの治療は日光性のしみや肝斑の治療で使用するレーザーよりも強力なレーザーを使用します。ADMは真皮の奥深くまでメラノサイトが存在する為黒い色素に反応しやすい強力なレーザーを必要とします。雀卵斑の治療にはレーザー治療と外用剤治療で改善が期待できます。いずれのしみも1度で改善する事は難しいので医師と相談して定期的に通う必要があります。